足場工事 | 福岡・北九州の外壁・屋根・外構メンテナンス|塗装・足場工事

お見積り無料! お気軽に
お問い合わせください。
受付時間
9:00~18:00

足場工事

安全・安心の足場工事ならお任せください!

足場工事

こんな風に足場を組んだら作業しやすいのではないか、だらしない身なりや言葉遣いが悪いと不安にならないか、

株式会社フィールドではただ足場施工をするのではく、常に足場を使う業者様、お施主様、近隣の方々の立場になって考えています。

施工スタッフ全員が常にその自覚を持ち足場施工スタッフの質ナンバーワンを目指しています!

①到着時間を厳守します。

リフォームの着工を心待ちにされている施主様の気持ちになって到着時間をまもり、施工前にご挨拶いたします。
また、交通事情などにより到着が遅れる場合は必ず担当者様に連絡をいれます。

②カンバリを設置します

②カンバリを設置します

到着後トラックが通行の妨げになる場合必ずカンバリを設置します。
担当者の名前と電話番号が記載してありますので、ご連絡いただけたらすぐに対処いたします。

③KYボードを設置します

③KYボードを設置します

施工前、玄関付近にKYボードを設置します。
KYボードを設置することによって作業員の危険への意識を高め事故を防止します。

④トラックまわりの養生を行います

④トラックまわりの養生を行います

足場資材を仮置きするときに厚手のシートで養生をします。
駐車場に足場資材をおいた傷がある
塀に資材をたてかけて一部がかけた
などのクレームがおきないように養生の徹底を心がけております。

⑤作業員は腕章をしています

⑤作業員は腕章をしています

工事中は作業着を着ていればどんな人が敷地に入ってきても作業員と思ってしまいます。
見慣れない人が敷地に入ってきても不安を感じることが無いように、作業員には腕章をつけるようにしています。

⑥近隣への配慮を徹底しています

⑥近隣への配慮を徹底しています

足場作業中、施主様 周辺の方には十分な配慮を心がけています。
必要以上に大きな声、音をたてない。
奇抜な髪型、服装は禁止しています。
常に見られているのを意識し、良い印象を持っていただけるよう心がけております。

⑦デジカメ撮影

組立前後、解体前後に現場の写真を撮ります。
主に屋根の上やポリカ、タキロン屋根などを撮っておくことで物損などのクレームがあった場合に写真をもとにご説明することができます。

⑧報・連・相の徹底

作業に入る前日に担当者様に到着時間確認の連絡をします。
当日、作業終了後に完了報告をいたします。
わからないことは相談します。

株式会社フィールドでは報・連・相(報告、連絡、相談)を最重要事項の一つとしています。
スタッフ一人一人がその重要性を理解し、現場で何かあった時にも逐一、報告、連絡、相談するよう心がけております。

⑨作業用途にあわせて組む

足場工事は職人の経験や個性(クセ)によって品質に差が出てしまいます。
樋をかえる工事なのに足場が低く作業しにくい、外壁塗装の時に足場が壁に近すぎてローラーがはいらないなど、そのような事がないように足場を必要とされているお客様の用途にあわせて組み上げます。

⑩毎月行われる安全報告会議

⑥近隣への配慮を徹底しています

株式会社フィールドでは毎月、安全報告会議を開いています。
安全報告会議を開く事で事故、クレームなどが起こった場合次からは同じ事故、クレームがなくなるよう意識するようになります。

一般的に仮設足場工事は基準が定められており他者との差は少ないと思います。
株式会社フィールドでは、ただ足場施工をするのではなく、付加価値を大切にし足場を必要とされる業者様、施主様、近隣の方の立場になり、お客様に喜んでいただける施工を目指して頑張っております。

pagetop